山口達也(TOKIO)を見て、とあるフリーランサーが思うこと

日々の出来事
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は 1 分24 秒 で読めます。

最近ニュースで某STAP細胞で時の話題をかっさらった小保方春子先生波に世間ににぎわいを提供してくれている山口達也容疑者ですが、彼に対してちょっと思ったことがあったのでまとめてみました。



山口達也はどうして失敗したのか?

女子高生に対して自宅で矯正わいせつを行った彼ですが、

何でも酒に酔って強引にキスをしようとしたらしいですね。

コレは今まで彼が問題になっていなかったことと、TOKIOという超ブランドがあるので、僕の憶測ですが、今まではそのやり方でうまくいっていたのでしょう。

バタンチュー理論じゃないですが世の中の女性というのはS●Xした男を好きになるといわれていますので、そのメリットとリスクの釣り合いを間違えたことが彼の敗因だと思います。

別に山口メンバーは頭の禿げた無職のセクハラおやじではいので、一般的な女性だったら、言い寄られたら、うれしいとか、ステータスになるぐらいのものだったのでしょうけど、今回は大失敗をしてしまったようです。

酒に酔ったまま線路に飛び込むようなものでしょうか。

敗因1 アルコール依存症

言うまでもないですね。ジャニーズとしてというより人として失格です。

敗因2 未成年に手を出すという認識の甘さ

20代ならまた違っていたのでしょうけど、JKだとどう考えてもイメージが悪いです。

敗因3 表で稼ぐリスクの大きさ

これについては下記で詳しく説明します。

表に出る危険性と裏で稼ぐメリット

実際おくりびと顔負けの収入をたたき出している山口ですが、その分モラルと節度ある行動が求められるものです。

対照的に裏で稼ぐ僕のようあ自由人にはそのリスクはほぼないといってもいいです。
(さすがに収入は桁違いですが・・・)

つまり、何が言いたいのかというと、表で山口のようなジャニーズを目指すぐらいなら、

裏で世の中に九尾剣する人間の方がローリスク・ローリターンで堅実に安全と安心が手に入るということです。

実際、山口の人間性に対する議論は置いておきますが、

僕はネットビジネスをやっているので、高見の見物でこのニュースをテレビでみることができます。

“あ、自分じゃなくてよかったー”とか、他の有名人の方は思っているかもしれませんが。

まとめ

別にこれは山口に限ったことではないです。

みなさんも、手堅い安全とハイリスクどちらが現実的かつなりたいものなのか、逆説的に二者択一で考えてみてはいかがでしょうか?

答えはきっとあなたの中にあると思いますよ。

ブログを運営している人

小説と映画を愛する26歳。
学生時代は、いじめ、不登校と地獄のような日々を過ごす。
大学進学のために、1年間スーパーでこき使われるバイトの日々。
大学進学後、自由を手に入れたいという理由から、
ネットビジネスの世界に人脈も知識もない状態で挑戦。
PC1台で4年で1000万円稼ぐことに成功。
自由になるためのメルマガを無料で配信中。
現在は、働く必要がなくなり、自由な生活を満喫中。
日本中を旅行したり、小説を書いたり、
時間とお金に縛られない自由な生活を送っている。
⇒白玉ひろたんの無料プレゼントはこちら

ブログでは書ききれない【本当の話】を配信中!

↓↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓↓

白玉ひろたんへの問い合わせはこちら

内容には必ず目を通しています^^ ⇒ 問い合わせはこちらからどうぞ