俗にいう黒い会社が多々あると言われているハローワークの求人。

一方で埋もれているホワイト会社も大いに存在します。

人材にお金をかけたくないと考慮する黒会社がハローワークになだれ込むのはもちろんといえますよね。

ハローワークに求人を掲載可能なのならばホワイト会社もハローワークに広告を掲載するので民間の有料求人広告など誰も使わなくなるのでは、と思われるかもしれません。

おっしゃる通りそのケースもあるのですが、ホワイト会社はいい人材をパフォーマンス的に確保するために有料求人広告を使用する事がままあります。



ハローワークからの応募者はそれ以外の媒体の応募者と比較してスキルが低い、もしくはやる気がない人材のレートが多々あるからです(実のところにそのようなデータがあるわけではないのですが、多くの採用担当者の体感としてそうなっています)。

失業保険のためにハローワークからエントリーをする人たち失業保険を受け取るためには、就職する才能と意志があると認められる必須があります。

就職する意志がなければ失業保険は受け取れないのです。

では如何にやって就職する意志がある事を証明するのかといいますと、就職活動をする事によって証明します。

その上、ハローワークで求人検索をして、実のところに応募するというのは、最も手間なくな就職意志の証明メソッドです(民間の求人広告からの応募も証明になりますが、厄介なので失業保険目当ての人はあまり活用しません)。

本当は就職意志がないのに、失業保険をもらうためにハローワークで応募する似非求職者が少なくない事を、ホワイト会社はよく知っています。

そのような人達のために時を割いて採用活動をしてもお金の無意味なので、わざわざ有料の求人Webページを活用するのです(言うまでもなく有料の求人Webページからの応募者の質にもばらつきはありますが……)。

ならば長期的な利益のために黒会社も有料の求人Webページを活用すべきなのでは、と思われるかもしれませんが、黒会社のあらかたは求人にお金を賭けるゆとりが無いか、ゆとりがあっても人を育てる気がないか(辞めたらそして別の人間をもうに補充すればいいと考慮している)のどっちか、もしくは双方です。

ホワイト会社は人が辞めていかないホワイト会社は待遇が良いので、あまり人が辞めていきません。

あまり人が辞めていかないので、求人もたまにしか出しません(ビジネスを拡大したいと考慮しているケースは別ですが)。

一方、黒会社は待遇が悪いので人がどんどん辞めていきます。

人がどんどん辞めていくので、しょっちゅうに求人を出して補充する必須があります。

必然的にハローワークの求人は黒会社まみれになります。

技術者など特殊なスキルを持つ人は必ず数に限りがあるため手軽にに補充できませんが、特殊なスキルが不可欠ない職種は直ちにに補充できます。

飲食業界に黒会社が多々あると言われている要因の一つに、現場で働く人材にスキルが必須でなく、手間なくに補充可能な事が挙げられます。

ハローワークで業務を探すメリットハローワークに黒会社の求人が多々あるのならば、民間の求人Webページを活用した方がいいのでは、と思われるかもしれません。

(民間の求人Webページの活用料金を支払うのは会社側なので、応募者のお金的負担はないのです)。

その見解は正しいのですが、一方でハローワークで業務を探す良い面も大いに影響します。

主な良いところは以下の3点です。

近場の業務が探しやすい職員が話し合いや面接対策に扱ってしてくれる採否が絶対通知される採用率が高いライバルのレベルが低い近場の業務が探しやすいハローワークは各都道府県の主要な市区町村に据え付けされており、各ハローワークに掲載されている求人の殆どが近場会社のものです。

大会社の求人はほぼないので、転勤などの悩ましいも殆どないのです。

我が家の近辺で就職先を探しているという人にとっては活用値打ちがあります。

職員が折衝や面接対策に応対してくれるハローワークでは、そんな訳で働く折衝員に折衝しながら求人を探す事ができます。

他にも、求人票に書いてある事だけでは決断できない事を、ハローワークの職員に聞いてもらう事もできます。

時によっては面接対策に付き合ってもらえたり、ハローワークが主催する各種セミナーを解説してもらえる事もあります。

原則としてエントリーするだけの求人Webページと比べると、可能な事は多々あるです。

しかし、折衝員の質に左右される面もあります。

その時は変更してもらう事もできるです。

採否が絶対通知される求人Webページなどを通じて申込んだケース、応募はしたもののその後会社からの連絡が何もない、という事がたまにあります。

一方、ハローワークを通じて申込んだケースは絶対採否が伝えられるので、心情はチェンジやすいです。

未経験でも採用率が高い求人の必ず数が多々あるため、経験の有る無しにかかわらず、採用率は総じて高めです。

採用率が高いのとその会社の応対の善し悪しは他にも別の問題ですが。

ライバルのレベルが低い前述の通り、ハローワークからの応募者の中には、その実就職する意志がない、失業保険目当ての人も少なくないのです。

そうでなくても総体的にアビリティーの低い人が多々あるです。

万が一貴方が平均程度のアビリティーしかなくても、周囲が平均未満だらけなのので、貴女が相対的に優秀に見えます。

一方、求人Webページはライバルも就職意欲が高く、アビリティーも平均程度はある事が多々あるため、競争は熾烈になります。

ハローワークでホワイト会社を見つける7つのチェックポイントハローワークでは普通、巨大資本のホワイト会社を探す事は出来ません。

一流企業は元金力がありますので有料の求人広告もゆとりで出せますし、それだけで優秀な人材が集まってくるからです。

ただし、中小の会社のホワイト会社は予想以上にいろいろ埋もれています。

求人の必ず数が多く、良質な求人を探すのは困難なそうに思えますが、本当は以下の7つの点を参考にするだけでだいたい区別られます。

求人の頻度求人を出す所以就業時休暇数賃金形態通勤手当法人のWebWebページ求人の頻度が低い会社はホワイト会社の見込み大ハローワークの求人ではじめに参考にすべき点は、求人を出している頻度です。

前述の通り、ホワイト会社はあまり人が減らないのでしきりに求人を出しません。

反対に黒会社は人がどんどんやめていくのでしょっちゅうに求人を出します。

つまり、求人を出す頻度が低いほどホワイト会社寄りである、という図式が成り立ちます。

求人の頻度が求人票に記載されているわけではないのですが、ハローワークの職員に尋ねれば直ちにに教えてもらえます。

この会社はしきりに求人を出している、という返答が帰ってきたケースは、別の会社の求人を探す事を推奨します。

ハローワークの求人数はかなり多々あるので、一つの求人に固執する必須はないのです。

新しい営業所・支部を作った会社はホワイト会社の確率大会社の経営様子と社員の待遇には密接な結びつきがあります。

もちろん、経営状況がいい会社ほど社員の待遇は良いです。

しかも、経営様子が良好な会社がやる事と言えば、ビジネスの拡大です。

人がやめていく事が余程のことがない限りないホワイト会社であっても、新しく営業部や支部を生み出す場合には不可欠な労働力が増えるため、ビジネスを拡大する場合には人員を増やさざるを得ません。

そうした会社は優秀な人材の確保をする事にとても積極的なので、有料求人広告だけでなく、ハローワークでも求人を出す事が多々あるです。

従って、新たな営業所・支部を設立しようとしている会社はホワイト会社である見込みが高いです。

おまけに人材の確保を急いでいるため、ある種早い者勝ちのような展開になります。

就業時が「フレックス制」の会社は要注意各会社が出す求人票は大いに重要な資料です。

ここに書かれている事は一切肝心と言っても言い過ぎではないのですが、特に優先すべきは就業時です。

就業時が「フレックス制」となっているケース、その会社に応募するのはわずか待ってからの方がいいでしょう(フレックス制自体が悪いのではなく、フレックス制を採用している会社に問題がある場合が多々あるです)。

そもそもフレックス制とは、労使協定に基づいて労働者が各自の始業時刻と終業時刻を自由に決められる仕組みです。

現況、多くの会社はすべての、あるいは殆どの労働者が9時〜5時まで働くという形態を取っていますが、これは非パフォーマンスな一面があります。

皆が同じ時に出退勤するので電車は混みますし、個々人の生活習慣が尊重できませんし、時ごとに必須とされる労働量が移り変わりしてもそれに応対できません。

フレックス制はこのような欠点を決着する仕組みとして導入されました。

フレックス制の要旨フレックス制では、1日の勤務時をフレキシブルタイムとコアタイムに設定します。

フレキシブルタイムは出退勤を労働者が自由に決められる時、コアタイムは絶対勤務していなければいけない時です。

一例を挙げれば、8時〜11時と15時〜19時がフレキシブルタイム、11時〜15時がコアタイムとなっている事例、労働者は11時〜15時のあいだは勤務していなければなりません。

けれども、8時〜11時のいつ出勤するか、あるいは15時〜19時のいつ退勤するかは労働者の自由です。

コアタイムは一概に設ける必須はないのですが、社内の意思伝達をスムーズにするために設定しているところが多々あるです。

なお、フレキシブルタイムはコアタイムの前後に据え付けしなければなりません。

一概に企業全てでフレックス制を自分のものにする必須はなく、特定の部署のみフレックス制で、あとはいつもどおり9時〜5時とする事もできるです。

フレックス制と残業代フレックス制でも残業代未払いを防ぐために、清算期間を設定します。

清算期間とはいつも1週間、もしくは1ヶ月(28〜31日)です。

第二に、清算期間あたりの総労働時を決めます。

清算期間あたりの労働時が総労働時を超過した事例、会社は労働者に反対に残業代を入金ます。

具体的には、以下の式を満たさなかった時、残業代を決済ます。

総労働時≦清算期間(日数)÷7日×40時一例を挙げれば清算期間が1ヶ月(30日)のケース、残業代決済のレベルとなる総労働時は171.4時となります。

反対にフレックス制で労働時が極端に短くなっている労働者に反対には、労働時を翌月以降に繰り越したり、賃金を裁断したり出来ます。

フレックス制の現実フレックス制は通常、経営者にとっても労働者にとっても有用なルールのはずなのですが、実のところにはうまく動作しない事も少なくないのです。

フレックス制を導入すると、一例を挙げれば上司の承認が必須なのに上司がすでに退勤していたりといったような、意思疎通がうまくいかない事がままあります。

考慮しなしにフレックス制を導入しても時あたりの生産パフォーマンスが低下します。

生産パフォーマンスが低下する中で以前と同じ生産量を維持するためには、労働時を伸ばすしかないのです。

そのような非パフォーマンス的な経営は実際直ちにやめるべきなのですが、それを汲み取るしていない経営者も少なくないのです。

というか、そうした会社がとても多々あるです。

よほど業務や賃金が素敵なケースを除いては、フレックス制を掲げている会社は避け、常識的に9時〜5時の会社を選定する事をベストチョイスします。

祝日数は120日が最低ライン求人票で就業時の第二に参考にすべきところは年間休日数です。

祝日数は120日以上が1つの判断基準となります。

例を挙げると完璧週休2日制(毎週2日休み)+夏場真冬に各々5日分の休暇+祝日で手っ取り早くに120日を超えます。

これを超えていない会社は黒会社の確率がとても高いので、そもそも近づかない方がいいでしょう。

130日を超えている事例は相当の良好会社です。

基本給の下が低い会社は要注意賃金については、最初に基本給を参考にします。

基本給とは残業手当や通勤手当、歩合給などのところを覗いた、ベースとなる賃金です。

基本給は年齢や勤続期間、職種やその人の技能などをもとに決められます。

日給、週給、月給、年俸のいずれのシステムを取っている時でも、基本給はとても大事です。

この基本給はいつも、「21万円〜24万円」のようにそこそこ奥行きを持たせて書かれています。

前述の通り基本給はその人の技能などにも左右されるため、どれほどの人が来るか曖昧であるステータスでは会社も確定した数字を乗せられないからです。

この基本給の奥行きが大きく取られているケース(例を挙げると18万円〜35万円など)となっているケース、大抵は下限かそれに近い基本給が採用されます。

上限が高くても下限が低い事例は避けたほうがいいでしょう。

通勤手当通勤手当には実費(上限なし):通勤にかかった経費を絶対耳を揃えて支給実費(上限あり):上限額の範囲で通勤にかかった経費を耳を揃えて支給なし:通勤手当なしの3つがあります。

通勤手当なしのところだけは必ずにチョイスしてではいけません(たとえ自らが徒歩通勤の事例でもです)。

通勤手当すらまともに出せないような会社には未来がないのです。

勝手に潰れるのを待ちましょう。

法人のWebWebページハローワークの求人票では求人の要件を見極めできますが、実のところにその企業がどれほどのビジネスを行っているのかはおおまかにとしかわかりません。

面接対策にもなりますので、絶対法人のWebWebページを参考にしましょう。

法人のWebWebページでトップ一番目に見るべきところは主な取引先です。

一流企業会社の会社が主な取引先に内蔵されていた時、その企業の財政基盤は安定している見込みが高いです。

一流企業会社が相手でなくとも、BtoB会社(会社を主なカスタマーとしている会社)は取引が安定的かつ長期的で、参入障壁が高く競争も少ないので推奨です。

反対にBtoC会社(支出者を主なクライアントとしている会社)は取引が短期的で、値段競争に巻き込まれやすいのであまりイチ押ししません。

もう一つ参考にすべきなのが企業役員の顔ぶれです。

法人役員の名字がほぼ全部同じという事例、その会社は世帯経営の確率が高いです。

身内経営の法人は黒会社率が高いので普通にイチ押ししません。

ハローワークを使ったほうがいい人・使ったほうがいい人ハローワークでもホワイト会社を探す事は十分にできるですが、そこまでしてもハローワークは使わず、求人Webページや転職エージェントを使ったほうがいい人もいます。

それはズバリフレッシュな人です。

採用情勢が以前と比べればかなり改善された昨今において、フレッシュなという事はそれだけでありがたみがあります。

求人Webページや転職エージェントを通じての転職は前提がいいぶん、競争も激しいですが、若ければそれだけでそこそこ有利に立てます。

若さという武器がある人はそれをフルに応用すべきです。

反対に、その武器がもう使えない中年以上の年齢層にとって、求人Webページや転職エージェントの使用はあまりおすすめできません。

自らと同じくらい、時によってはそれ以上に優秀なフレッシュな人との激しい競争が待っているからです。

現在のフレッシュな人は思った以上に優秀で、彼らに競り勝つのは容易ではないのです。

勝てない土俵にははじめから上がらずに、ハローワークでホワイト会社を狙ったほうがパフォーマンス的です。

まとめ

ハローワークにブラック企業が多い主な理由は「誰でも無料で求人を掲載できるから」
ハローワークにもホワイト企業の求人は存在し、探し方を工夫すれば見つけられる
求人の頻度と求人を出す理由は最重要チェックポイント
BtoB企業は全体的にホワイト企業の割合が大きい
若い人はハローワークよりも求人サイトや転職エージェントを使ったほうが良い
ハローワークも使い方次第でホワイト企業を探せます。はじめからダメだと決めてかからずに、まずは求人を探すところから始めてみましょう。

今だけ19800円相当の書籍が無料で読めます。

僕は大学生の頃から月収で50万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのメルマガにまとめてみました。

⇒「自由を手に入れるための教科書」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

このエントリーをはてなブックマークに追加