PrettyLinksは、短縮URLの性能を拡張可能なワードプレスのpluginです。

無料ブログサービスを独自ドメインで運用している時、独自ドメインで短縮URLが使用できます。

このpluginはネットビジネスやSNSへの投稿で使用できます。



特にネットビジネスで応用すると役に立ちます。

短縮URLの文字列は自由に修正できるです。

URLをディレクトリ仕組みのようにする事もできます。

ネットビジネス用の解説URLを際立たなくする用法でも使用できます。

このpluginは有料版も下拵えされていますが、無料版の性能だけでも十分に役に立ちます。

このpluginが優れている点ワードプレスに短縮URLの性能を拡張可能な。

色々なリダイレクトの形式に扱ってしている。

(301リダイレクト、302リダイレクト、307リダイレクト)短縮URLのURLは任意の英数字に修正可能です。

URLをディレクトリ仕組みのように修正する事も可能。

短縮URLのプッシュ統計性能あり。

プッシュ統計を図表で検証可能。

更に高性能な有料版が下拵えされています。

導入手段管理画面から検索して導入して下さい。

もしくは、ワードプレス.orgからダウンロードし、大きく上乗せロードして導入して下さい。

ワードプレス管理画面>plugin>新規付け足し>「PrettyLinks」で検索ワードプレス.orgからダウンロードリダイレクトとは?リダイレクトとは、WebWebページのURLやドメインを手直しした時、新しいURLに転送させて、使用者や検索エンジンが正しいページにたどり着くように設定する転送テクニックの事です。

301リダイレクトは、永久的な置き換えをニュアンスします。

検索エンジンなどの評価は、新しい置き換え先に引き継がれます。

扱ってしているリダイレクトの種類301リダイレクト(永久的な転送)302リダイレクト(即時的な転送)307リダイレクト(即時的な転送)JavaScriptを活用したリダイレクト(有料版)MetaRefreshを活用したリダイレクト(有料版)pluginの使い方pluginの管理画面は英語表記になっています。

手っ取り早くではありますが、挿絵に補足解説を入れていますのでポイントにして下さい。

管理画面の位置pluginの管理画面は以下の位置にあります。

ワードプレス管理画面>PrettyLinksPrettyLinksPrettyLinks(登録済みの短縮URL)登録済みの短縮URLが一覧表示されます。

短縮URLの編集や管理ができます。

短縮URLをクリップボードにコピーする事もきます。

PrettyLinkAddNewLink(新規リンクの付け足し)新しい短縮URLを付け足しする登録画面です。

リダイレクト種類・転送先URLなどを登録します。

AddNewLinkClicks(プッシュ統計)短縮URLをプッシュした統計を見極めできます。

プッシュ解析短縮URLをプッシュした人の以下の情報がわかります。

ブラウザOSIPアドレスプッシュ日時接続元ホストURL接続経路レポート画面の例ClicksOptions(オプション)オプション設定は初期設定のままでも使用できます。

必須に応じて設定をすり合わせして下さい。

Linksリンクの初期値の設定です。

OptionsReportingレポートの統計情報に関連する設定です。

Options整理PrettyLinksは、短縮URLの性能を拡張可能なワードプレスのpluginです。

無料ブログサービスを独自ドメインで運用している時、独自ドメインで短縮URLが使用できます。

ネットビジネスのアイテム解説URLをこのpluginを使用して管理しても良いかもしれません。

今だけ19800円相当の書籍が無料で読めます。

僕は大学生の頃から月収で50万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのメルマガにまとめてみました。

⇒「自由を手に入れるための教科書」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

このエントリーをはてなブックマークに追加