いきなりですが、
僕が「自由に生活したい!」と願ったのは、会社から馬車馬のようにこき使われているときでした。

しかし、僕にはそれ故の手段が何一つわかりませんでした。

働く事に疲れ果てた僕は、「なんとか働かなくても生きていける手法はないのか?」と考え、命懸けで調べるようになりました。

しばらくして、たまたま、オンライン産業で自由を手に入れた人の無料ブログサービスを見つました。



僕にとって、彼の影響はお願いそのものでした。

併せて、生涯を放棄していた僕の道しるべとなりました。

一番目は何からスタート出来ていいかわからず、彼のやっている事を真似しました。

その事例開始出来たのがアフィリエイトです。

まぁでも、未経験者の僕は実際にひどくて、無料ブログサービスのレシピもわからないどころか、グーグルでまともな検索もできないくらいのオンライン音痴でした。

当然、タイピングもまともにできません。

どこにでもいる……というか、一般的以下の落ちこぼれの引きこもりです。

高校の偏差値は43ほどしかない。

低学歴のうつ病ニートです。

だからこそ、すでに成功している人の真似をしました。

僕みたいに、産業の学習を全くしてこなかった奴が、突然、我流で開始出来ても、「稼げるわけがない」と思ったし、自らに「稼ぎ方をゼロから発明する」ほどの才能や知識があると思えなかったし、できるだけ、時を節減したかったし、無意味な事をしたくなかった。

とにもかくにも、早く自由になりたかったので……。

最初に、先に稼いでいる先輩の真似をさせてもらうのが近道だろうと考え、その頃からこの業界で名高いな方が提供している教材を買いました。

教材のページでは「パフォーマンスのいいお金のの稼ぎ方」を慎重に紹介していました。

後で知った事ですが、このページはセールスレターと言うそうです。

レターはフリーで読めます。

フリーで読めた上に、「未経験者のための稼ぎ方」を教えてくれるのです。

「世の中には太っ腹なやつもいたもんだなぁ〜」と、驚いたもんです。

僕はオンライン産業をやる上で必須必要な知識をそこから学びました。

私自分、満喫してでユーザーと共に作成した心の内です。

未経験者でも手っ取り早くに無料ブログサービスを作成しようメソッドお金をかけずに集客をするメソッド初日から成果を出した手段たった5分の作業で30万稼いだ手法飽和しない市場の見つけ方一生稼ぎ続けてくれる財産無料ブログサービスの製法稼げる市場の見つけ方売れるアイテムを選択する手段ライバルを見つける手段ふんだんにの成功者の時‥‥などなど。

ここに記述するとキリがないくらい、多くの知識を学べました。

教材の中身はすべて動画の紹介でした。

勉学が得意ではないな僕でも理不尽なく続けられたし、教材の解説通りに一つ一つ作業を進めていけば、いつの間にか、オンライン商いで成功し続けるためのスキルを覚えました。

私本人、満喫してで顧客と共に生み出した心境です。

しかも、わずかづつですが、インセンティブも現れてするようになりました。

無料ブログサービスの製法すらも知らなかったオンライン音痴が、半年もかからず、サラリーマンの手取りを稼げてしまう。

感銘を通り越して、ショックでしたよ。

豊富に稼いでいる無料ブログサービスやメルマガをハイエナのように探しては読み込み、模倣可能な点は片っ端から模倣し、どんどん自らの媒体に取り込みました。

特に中身の素晴らしいものは、ライバルたちがドン引きする勢いで模倣しました。

すると、また収入も増加していき、無料ブログサービスとメルマガだけで雇われずに暮らせるようになりました。

一通り模倣しまくったら、自らがめっちゃレベルアップしてて驚いてしました。

気づいたら、産業全般に通じる知識を身につき。

特に肝心なコピーライティングやマーケティングが可能なようになってました。

これもすべて、模倣のおかげ。

先輩たちが膨大な時とお金をかけて整理上げてきた研究成果を、分析してはパクり、お金を払っては買ってみて、パフォーマンスよく習得しできました。

また、習得しだ知識をデフォルト自身の産業に当てはめただけで、お金が稼げるようになりました。

私自分、満喫してで顧客と共に作成した心の内です。

その結果、僕は定期的自動でアイテムが売れるようになり、PCを開かなくてもお金が振り込まれるまでになりました。

何より嬉しかったのは、「アイテムの売り方」や「成果的な人の集め方」がわかったので、一生食っていけるだろうと、確信が持てた事です。

正直、オンライン産業の収入は一時的なものだと思ってました。

私自分、満喫してで顧客と共に作出した心情です。

だから現在のうちに、「稼げるうちにローンから逃げ切るぞ―」「お金をためて業務の多々ある都市に引っ越せば、業務を選択の余地がある!」そう思って頑張りました。

でも、気づいたら、僕が勉学していた事は最先端の産業モデルだったのです。

オンライン社会が自然になり、多くの会社がこのスキルを持つ若者を雇いたがってますが、PCやiPhone1台で、自由に稼げるスキルを持つ僕らは、企業で働くか、自由に生きるかを選択できるのです。

これに気づいたのは稼いでから、しばらく後でした。

僕自分は自らの頭で考慮した事はそんなにないのです。

商いモデルもアイデアもお金の稼ぎ方も、先輩の真似ばかりしてます。

私本人、満喫してでクライアントと共に生み出した心情です。

でも、それでいいんです。

99%、模倣でいいと思っています。

本屋さんに並んでいる本の著者も、先輩の知識を模倣していますし、テレビに出ている自称エキスパートも自らで研究している人は全くいません。

だいたいは外国の論文の中身を日本語で話してるだけの人です。

記事を記述する技術も人の心を動かすテクニックも、2000年前にすでに解明されています。

アリストテレスの手によって。

それに、模倣とは通常あるべき勉強過程の姿です。

僕たちは数学の公式を一から生み出す事なんてしません。

教科書に載っている事を覚えて、ドリルの問題を解きます。

同じように、先輩の優れたアイデアを模倣し、商いモデルを模倣して、お金の心配を決着すれば良いのです。

そうするだけで暮らしするのに困らない程度の価格なら十分に稼げます。

というか、受験勉学と同じように、人よりも決心を決めて実践するだけで、なぜか、「経済的な自由」と「時的な自由」のどっちもが手に入ってしまいました。

更に、受験ほど手に負えなくない問題ばかり……。

所詮、産業で成功する手段なんてそのようなもんですよ。

私本人、満喫してでユーザーと共に作成した心情です。

すでにオンライン産業で成果を出している人がふんだんにいて、先輩たちが一から念入りに、方法を解説してくれるんです。

私自分、満喫してでユーザーと共に創出した心情です。

わざわざ“ゼロ”から発明する不可欠がありますか?ちょっと前の投稿に、エジソンの話をしたと考えます。

「電球を再発明してはならない」という話です。

電球のレシピがお金を出せば買えるように、世の中には企業をやめて自由に生活を営なむ程度の収入であれば、稼ぎ方のレシピなんて、お金を払えば手っ取り早くに手に入ります。

けれども、一つだけ注意すべきポイントがあります。

『正しい模倣』というからには、『正しくない模倣』もあります。

造作なくに解説すると、他人のテキストをそっくりデフォルトパクる事です。

いわゆるカット&ペーストってやつですね。

切り貼りは最悪です。

著作権法に違反する立派な犯罪ですし、パクられた相手からすると嫌がらせな話です。

オンラインで稼いでる人はお金が余っていて、暇してる人が多々あるので、割りとマジで訴えてきます(笑)。何より、実力がまったく付かないので、稼ぎ続けるのは手を焼くと考えます。

模倣する事は重要なんだけど、すべき点があるのです模倣すべきは、アイデアや産業モデル、記事の構成、稼ぐ流れ、見方など。

私自分、満喫してでクライアントと共に作出した心境です。

少なくとも記事の丸パクリは、貴方のためになりません。

アイデアや稼ぎ方はどんだけ模倣しても、怒られませんし、産業のワールドワイドでは成功した方法を模倣するなんて、大会社もやっている事です。

私自分、満喫してでユーザーと共に創出した心境です。

本当は、自然の事なんですよ。

ぶっちゃけ、成功時から習得しだ方が結果が早く出るのは、自然ですよね。

そういえば、日本を代表する会社、ホンダ自動車の創業者「本田宗一郎さん」の著書にこんな事が書いてありましたよ。

「中小会社が大会社の真似をしてはいかん。」この言語の本当のニュアンスは、真似する対象を間違えるなというニュアンスです。

仮に、貴女が、イタリアンのショップを経営しようと思ったら、サイゼリアを真似しますか?中華料理屋を始めようと思ったら、王将を真似しますか?だとしたら貴女は、1年以内にローンまみれになって、倒産するでしょう。

同じように、まだ体が未熟な野球を開始出来たばかりの息子が、イチローと同じトレーニングメニューをこなし、定期的、同じだけバットを振り続けたら?まぁ、中学生までに凄い選手になってそうだけど、一般的は、甲子園に出る前にボディーがぶっ壊れて、16歳で野球を引退する事になるでしょうね。

これらの場合を見てわかるように、1ヶ月に300万近い広告費をかけて集客してるアフィリエイターや、バイトを豊富に雇い、テキストを書かせて稼いでるアフィリエイター。

彼らの真似をしても稼げるようになりません。

オンライン産業で長期に渡って結果が出ない人は、真似すべきでない先輩から勉強しでしまっています。

結論⇒真似すべきは現実に成功した人から学ぶ事が肝心です。

今だけ19800円相当の書籍が無料で読めます。

僕は大学生の頃から月収で50万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのメルマガにまとめてみました。

⇒「自由を手に入れるための教科書」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

このエントリーをはてなブックマークに追加