続いて「在宅ワーク」について学んでみましょう。

在宅ワークと聞くと主婦の方が内職をしているイメージがありますが、
現在はクラウドソーシングサービスを使ってパソコンで稼ぐ方法が主流になっています。

空いた時間で仕事ができるので主婦の方に特に人気ですね。

在宅ワークってどんなことをするの?

一昔前まではデータ入力や文字入力がとても多かったのですが
ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用される方が多くなったため、
現在はデータ入力の単価は少し低くなってしまいました。

今、人気になっている在宅ワークというと、
ブログ記事の執筆やキャッチコピーの応募になってきていますね。

記事執筆と言ってもあまり文章力を必要とするものではないので
「文章には自信ないなぁ」という方でも問題なく実践できます。

どこで在宅ワークを見つければいいの?

初めて在宅ワークをやるなら人気のランサーズココナラがおすすめです。

日本最大級のクラウドソーシングサービスなので、全ジャンルの案件が多く、ライティング・英語の翻訳・イラストの作成など180種類以上の仕事を選ぶことができます。

メールアドレスだけですぐに無料登録できるので
どんな在宅ワークがあるのかだけでも確認してみましょう!

鉄板の登録サイト

在宅WEBライターをやるうえで鉄板の登録サイト(クラウドソーシングといいます)がいくつかあります。それが以下のものです。

ランサーズ
クラウドソーシングでとても有名。案件数が豊富、報酬も高いです。ライティング以外の仕事もあります。

ココナラ
自分のできることや得意なことをお金に換えるサイト。ライティング以外にも自分だけのオリジナルサービスを作ることができます。実績を積めば注文が殺到する超人気ライターになれることも。実際、在宅WEBライターとして稼いでる人がいっぱいいます。

サグーワークス
ライティング案件がメインのクラウドソーシング。サグーワークスの真価は『サグーライティングプラチナ』にあります。プラチナライターのテストに受かると、1文字1円の高単価な仕事を受けられるようになります。テストは誰でも何度でも受けられるので、たくさん稼ぎたい方はぜひ挑戦を。

シュフティ
主婦に人気のあるサイト。簡単なタスクから本格的な報酬の仕事まで様々。

Shinobiライティング
小型のライティング案件のあるサイト。1つの記事が3~4分で終わったりするので、ちょっとしたすきま時間に気楽にできます。

REPO(ルポ)
1記事300文字などミニな案件がたくさんあるサイト。ちょっとした隙間時間にやりたい人におすすめです。

NEXT > Lv.14 好きなことでお金を稼ぐ方法

今だけ19800円相当の書籍が無料で読めます。

僕は大学生の頃から月収で50万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのメルマガにまとめてみました。

⇒「自由を手に入れるための教科書」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

このエントリーをはてなブックマークに追加