1年で100万円を貯金・貯蓄する方法。お金を貯められなかった私が変われた理由と習慣。

マインド
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は 2 分11 秒 で読めます。

「お金がぜんぜん貯まらない!」

「家計簿付けるのがすごいめんどくさい!」

お金をコツコツと貯めることって、すっごい大変ですよね。
明日100万円がベッドの上にあったら、どんなにいいことか・・。

お金を貯めたいけれど、気がついたらなぜか財布がスッカラカンでATMにお金を下ろしに行くような生活になっていたりしませんか?

私も結婚して5年ぐらいはぜんぜんお金が貯まらなくて、通帳に10万円ぐらいしかないまま極貧生活をしていたことがありました。

今思い出しても、どうやって生きていたのが思い出せないぐらいです。

でもこれではマズイと思ってお金を貯める方法を必死で勉強したら、気がついたら持ち家で貯金が1,000万円以上も貯まりました。

「一体どうやったら、そんなにお金が貯まったの?」

それでは今までの経験から、どのように貯めていったのかお教えいたしましょう。

年間100万円お金を貯める計画を立てる

年間100万円のお金を貯めるためには、毎月最低8万円以上は貯める必要があります。

8万円って、かなり大きな額です。
1人の収入ではハードル高しです。

1年間の中でボーナスなどがある方は、もう少しハードルが低くなりますよね。

毎月いくら貯めなければいけないか、しっかりと予算を出しましょう。

今の彼氏や彼女と結婚して共働きで働けば、1人あたり4万円の貯金で済みます。

働くもの同士が結婚すると、当たり前ですが世帯の収入が増えます。

でも意識がバラバラだと、やはり貯まらないです。

どうしたら、貯まる意識と習慣が持てるようになるでしょうか?

財布に入れるクレジットカードは基本的に1枚にしぼる

もしクレジットカード派の方は、何枚も財布に入れて使っているなら1枚に集約してみましょう。

私はクレジットカードを色々使い分けた方がお得かと思って、多い時は4枚ぐらい財布に入れていたのですが、最終的に1枚にしぼりました。

たくさんの流れがあると、どこの流れが詰まっているか見るのが大変になってきます。

だからカードは基本1枚で、大きなお金の流れをジーっと見つめるのです。

「え、この毎月払っているオプション代ってなに?」

1つの明細をジーっと見たからこそ、無駄に払っている支出が見えてきます。

たくさんの支払いを1本化して、無駄だと思った項目に蛍光ペンを塗るなどして、「次の明細は塗る手間をなくそう!」という意気込みを持ちましょう。

これは結構効果テキメンでして、私はやり出してから月1〜2万円の無駄な支出が減っていきました。

私は年会費無料で使いやすい「楽天カード」1枚にしぼって、無駄な支出を防ぐようにしています。

≫ 楽天カードは最強の1枚としておすすめのクレジットカード。ポイントがためやすくて使いやすくてお得!

病気はお金がかかる。健康には1番気をつける

お金を節約したり貯めたりもとっても大事なのですが、今まで生きてきた中で1番大事だと思ったことは、健康です。

健康な時って、どうしてもムチャしちゃうんですよ。
オールで飲み歩いたり、食べ放題が大好きだったり。

お酒やタバコなど繰り返していると、定年頃にはカラダがボロボロになってしまいます。

カラダだけではなくて、心の病の方が今は深刻な状態です。

我が家も夫が禁煙してほどよくお酒を控えてから、だいぶ家計も健康もラクになりました。

お金が貯まるコツは、健康に1番気をつけることです。
健康な時から、しっかりと意識しておきましょう。

私は最近メンタル強化とカラダを内側から改善するダイエットのために、ホットヨガスタジオ「LAVA(ラバ)」に通っています。

カラダと心の中から改善したことによって、ストレスが減っていき、余計なお金を使うことが減りました。

メリハリをつけて、お金を使うことが大切です。

≫ ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)でヨガを初体験で汗びっしょり!

ブログを運営している人

小説と映画を愛する26歳。
学生時代は、いじめ、不登校と地獄のような日々を過ごす。
大学進学のために、1年間スーパーでこき使われるバイトの日々。
大学進学後、自由を手に入れたいという理由から、
ネットビジネスの世界に人脈も知識もない状態で挑戦。
PC1台で4年で1000万円稼ぐことに成功。
自由になるためのメルマガを無料で配信中。
現在は、働く必要がなくなり、自由な生活を満喫中。
日本中を旅行したり、小説を書いたり、
時間とお金に縛られない自由な生活を送っている。
⇒白玉ひろたんの無料プレゼントはこちら

ブログでは書ききれない【本当の話】を配信中!

↓↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓↓

白玉ひろたんへの問い合わせはこちら

内容には必ず目を通しています^^ ⇒ 問い合わせはこちらからどうぞ