無料(フリー)リライトツールの舞風が個人的に割と使えると思った話

フリー書き直しツール・ソフトは多く無料ブログサービス上に影響しますが、まともに使えた事が真っ先にないのです。

日本語として意味を持つテキストに書き直しするのはもちろんだとして、コピーライティングのスキルが発揮された「成約率の高いテキスト」を打ち砕く事なくフルスクラッチテキストにリライトする事ができます。



その働きなら使った方が時の無意味になる場合がまずです。

そんな訳で、たまたまオンライン上で見つけたのフリーリライトツールの「舞風」というフリーツールですが、AIが搭載されているとの事なので、実のところに有用か如何にか批評をしていきます。

日本語として意味合いを持つテキストにリライトするのはもちろんだとして、コピーライティングのスキルが発揮された「成約率の高い文章」を打ち壊す事なく独自記事に書き直しする事ができます。

「舞風」の持つ性能としては、テキストボックスに補正をやりたい元テキストを挿入して変換ボタンを押す事で補正可能なようです。

日本語としてニュアンスを持つテキストに書き換えするのはもちろんだとして、コピーライティングのスキルが発揮された「成約率の高いテキスト」をアレンジすることなく独自記事にリライトする事ができます。

真っ先に、言葉の収録語数は、現時点で1200個以上登録されています。

数で言いますと、メインブログリライターが150000個程なので、かなりの差があります。

フリー書き換えツール舞風は実のところにアフィリエイトにて使う事が可能な補正ツールなのか如何にかを検証していきます。

サテライトではだいたい検索エンジンだけをターゲットにすればいいのに対して、主要Webページでは「人間」を相手にして行動を起こさせる不可欠があります。

AIが付いているとの事なので、検証がエンジョイです。

パフォーマンスとしては揺らぎ、攪拌、記事挿入などあるようです。

初めに、働きの揺らぎ「小」ミックスを「有」テキスト挿入を「無」で変換を行いました。

プッシュで拡大出来ます。

働きとしては揺らぎ、攪拌、テキスト挿入などあるようです。

AIが付いているとの事なので、検証が満喫です。

フリーリライトツール舞風は実のところにアフィリエイトにて使用する事ができるな補正ツールなのか如何にかを検証していきます。

次は以下のように設定を挿入してテキストを組み立てしました。

以下テキストになります。

フリー補正ツール舞風は実のところにアフィリエイトにて使用する事が可能な書き直しツールなのか如何にかを検証していきます。

日本語として解釈を持つ記事に書き直しするのはもちろんだとして、コピーライティングのスキルが発揮された「成約率の高い投稿」をアレンジする事なくフルスクラッチ投稿に書き直しする事ができます。

サテライトではだいたい検索エンジンだけをターゲットにすればいいのに対して、主要Webページでは「人間」を相手にして行動を起こさせる不可欠があります。

AIが付いているとの事なので、検証がエンジョイです。

働きとしては揺らぎ、攪拌、テキスト挿入などあるようです。

仕上げした文章は、めちゃくちゃなテキスト中身となっていますし、補正してくれるキーワード網羅数がも凄い少ないので、補正があまりおこなわれていません。

挿入にしてもワードサラダですし、リスキー性が高いものが挿入されます。

どこらへんがAIを持っているのかが質問となるようなテキストが製作されますし、リライト語数も少ないので、アフィリエイトにて使おうと心積もりている人は確実に辞めておいた方がいいです。

ただ、フリー・フリーのリライトツールなので、一つの遊び的な位置付けでのツールの使用はいいかとは考えます。

日本語として趣旨を持つテキストにリライトするのはもちろんだとして、コピーライティングのスキルが発揮された「成約率の高い記事」を手直しする事なく独自記事にリライトする事ができます。

ちなみにこの記事も舞風使いました(笑)

舞風はコチラ

独自ドメインで短縮URLを作成できるWPプラグインがすごい!【Pretty Links】

PrettyLinksは、短縮URLの性能を拡張可能なワードプレスのpluginです。

無料ブログサービスを独自ドメインで運用している時、独自ドメインで短縮URLが使用できます。

このpluginはネットビジネスやSNSへの投稿で使用できます。



特にネットビジネスで応用すると役に立ちます。

短縮URLの文字列は自由に修正できるです。

URLをディレクトリ仕組みのようにする事もできます。

ネットビジネス用の解説URLを際立たなくする用法でも使用できます。

このpluginは有料版も下拵えされていますが、無料版の性能だけでも十分に役に立ちます。

このpluginが優れている点ワードプレスに短縮URLの性能を拡張可能な。

色々なリダイレクトの形式に扱ってしている。

(301リダイレクト、302リダイレクト、307リダイレクト)短縮URLのURLは任意の英数字に修正可能です。

URLをディレクトリ仕組みのように修正する事も可能。

短縮URLのプッシュ統計性能あり。

プッシュ統計を図表で検証可能。

更に高性能な有料版が下拵えされています。

導入手段管理画面から検索して導入して下さい。

もしくは、ワードプレス.orgからダウンロードし、大きく上乗せロードして導入して下さい。

ワードプレス管理画面>plugin>新規付け足し>「PrettyLinks」で検索ワードプレス.orgからダウンロードリダイレクトとは?リダイレクトとは、WebWebページのURLやドメインを手直しした時、新しいURLに転送させて、使用者や検索エンジンが正しいページにたどり着くように設定する転送テクニックの事です。

301リダイレクトは、永久的な置き換えをニュアンスします。

検索エンジンなどの評価は、新しい置き換え先に引き継がれます。

扱ってしているリダイレクトの種類301リダイレクト(永久的な転送)302リダイレクト(即時的な転送)307リダイレクト(即時的な転送)JavaScriptを活用したリダイレクト(有料版)MetaRefreshを活用したリダイレクト(有料版)pluginの使い方pluginの管理画面は英語表記になっています。

手っ取り早くではありますが、挿絵に補足解説を入れていますのでポイントにして下さい。

管理画面の位置pluginの管理画面は以下の位置にあります。

ワードプレス管理画面>PrettyLinksPrettyLinksPrettyLinks(登録済みの短縮URL)登録済みの短縮URLが一覧表示されます。

短縮URLの編集や管理ができます。

短縮URLをクリップボードにコピーする事もきます。

PrettyLinkAddNewLink(新規リンクの付け足し)新しい短縮URLを付け足しする登録画面です。

リダイレクト種類・転送先URLなどを登録します。

AddNewLinkClicks(プッシュ統計)短縮URLをプッシュした統計を見極めできます。

プッシュ解析短縮URLをプッシュした人の以下の情報がわかります。

ブラウザOSIPアドレスプッシュ日時接続元ホストURL接続経路レポート画面の例ClicksOptions(オプション)オプション設定は初期設定のままでも使用できます。

必須に応じて設定をすり合わせして下さい。

Linksリンクの初期値の設定です。

OptionsReportingレポートの統計情報に関連する設定です。

Options整理PrettyLinksは、短縮URLの性能を拡張可能なワードプレスのpluginです。

無料ブログサービスを独自ドメインで運用している時、独自ドメインで短縮URLが使用できます。

ネットビジネスのアイテム解説URLをこのpluginを使用して管理しても良いかもしれません。

ブログ文章のリライト(書き直し)できる無料ツール一覧

● ブログ文章のリライト(書き直し)できる無料ツール一覧

フリー(無料)のリライトツール・ソフトの一覧を紹介していきます。有料のリライトツールには劣りますが、簡単なリライトや、有料ツールを買う前のお試しとして使えます。

ただ、アフィリエイト等ビジネスにてリライトツールを駆使しようと思うのでしたら、無料・フリーのリライトツールでは、かえって時間が掛かってしまい、非効率となることが多いので、アフィリエイト等実際にビジネス利用にて記事の効率化を考えているのでしたら、有料のなかでも実際に有能なリライトツールを利用することをおすすめします。



無料リライトツール 一覧

人工知能搭載の舞風
Ferett PULS(フェレット+)
リライトブーン
工房リライトツール概要
工房リライトツール動画
自動文章作成ツール ATM

無料のリライトツール・ソフトはリリースしては、利用停止になるので、時間が経つごとに上記の中でも停止してしまっているものも出てくるかと思います。

「DNS ルックアップでエラーが発生」した場合の原因と対処法

下記のような文章が出た方のために書きました。

——————————–

このウェブページにアクセスできません
DNS ルックアップでエラーが発生したため、domainname.com にあるサーバーを見つけることができません。DNS は、ウェブサイトの名前をネット アドレスに変換するためのウェブ サービスです。このエラーはほとんどの場合、ネットに接続されていないか、ネットワークの設定が間違っていることが原因です。ただし、DNS サーバーの応答がない、ファイアウォールによって グーグル Chrome からのネットワーク アクセスがブロックされている、などの原因で発生する場合もあります。
エラーコード: DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN
もしくは
エラーコート: DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIG

——————————–



「ネットが急につながらなくなる」

大体納期の短い仕事をしている時に限ってそうなったりします(笑)

いろいろなことが原因でネットはつながらなくなるのですが、今回は僕の会社から「ネットがつながらない」とSOSの電話があったので、手順を追ってどうやって解決をしたのかというのをご紹介したいと思います。

現場に到着して、まずネットにつながるかどうかをチェック。

ブラウザを立ち上げて「ヤフー」を立ち上げました。

すると。。。下記のような画面になりました。
普段出てくるネットに繋がらないという画面とは少し異なります。

というか、DNSサーバ落ちてるんじゃ?
という疑いがむくむくと湧いてきますw

そこまであたりをつければ、あとは簡単に調べられました!
このDNSサーバの自動取得を、手動で自分で設定してしまうんです。

設定するのは、グーグルが無料で提供しているパブリックDNSサーバです。
IPv4の場合は、

優先DNSサーバー:8.8.8.8
代替DNSサーバー:8.8.4.4

IPv6の場合は、

優先DNSサーバー:2001:4860:4860::8888
代替DNSサーバー:2001:4860:4860::8844

となります。
IPv4、IPv6はネットの接続方法の違いです。
従来IPアドレスは4桁の数字(IPv4)であらわされてきましたが、それではそのうち数が不足すると思われるので、新しく16桁であらわされるIPv6ができたとのこと。
ええ、わたしもあんまりよく分かってませんw

とりあえずわたしは、このIPv4のほうを設定してみます。
Windows7でのやり方をザックリ説明すると、

「コントロールパネル」

「ネットワークトネット」

「ネットワークと共有センター」

左側の、「アダプターの設定変更」

「ローカルエリア接続」をダブルクリック

動作状況の「プロバティ」

「この接続は次の項目を使用します」の中から、「ネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択、「プロバティ」をクリック。

ここで入力画面になります。

変更するところは下のほうです。

おそらく「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」になっていますので、これを「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを切り替えます。
そしてそれぞれの項目に、グーグルのパブリックDNSサーバーのアドレスを入力します。

「OK」を押せば、これで完了!!

「お願いこれで繋がって!!」と祈るような気持ちでChromeを立ち上げると、見事ネットに接続できました!!
いや~、長い道のりでしたw

で、ひとしきり浮かれたあと、ふと気付きました。
「あれ、このやり方、わたし昔試したことあるな。
 確か2つ前くらいのパソコンで・・・」
と・・・

ええ。すっかり忘れていましたが、実は昔、同じようにネットに接続できなくなったときに、こんなふうに自分でDNSサーバを設定したことがあったんです。
自分のあまりのアホさに愕然としましたよw

言い訳をさせてもらうと、そのときは確か、それでも問題は解決しなかったんですよね。失敗した方法だったので、記憶も薄かったわけです。結局そのときは、パソコンの故障でした。

まさかその失敗した方法が、今回成功するとは意外でした!
まぁ状況が違うわけですから、そういうことがあるのは当たり前なんですけどね。むしろ失敗を覚えていないという自分の性質には、大いに問題があるようなきもしますが。

そんなわけで長々と書いてきたのは、こういうことがあるためです。
わたしが失敗した方法で解決できる方もおられると思いますので、とりあえず色々試せるようにと、事細かに書いておきました。