誰でも確実に転売で成功できる方法【転売が儲かる理由】

転売が儲かる根拠6つのポイント

①即金性

まず転売は即金性の面でも儲かるビジネスであると言えます。具体的に言うと、仕入れて収益が発生するまでの期間が非常に短いのです。ほかのネットビジネスであれば、収入という形で利益を手にするまでに時間がかかるケースがほとんどです。なかには半年から1年間は無収入というものもあります。しかし、転売であれば1カ月以内にかなりの額を稼ぐこともできます。ですから、転売はすぐに儲かる方法であると言えるでしょう。

誰でも確実に転売で成功できる方法はコチラ

②試行錯誤をしやすい

転売はおもに売れる商品を見つけることがカギだと言えます。その理由は、オークションで実際に売れるか売れないかを試してみることで、儲かる商品かどうかの見極めが行いやすいからです。ほかのネットビジネスであれば、売れない原因を見つけることが困難な場合がほとんどです。それは、直接的に顧客の存在を感じられないことにあります。しかし転売では、オークションに出すことで顧客や市場の反応をじかに感じることができます。その点で、売れるための試行錯誤をしやすいビジネスといえます。

③工夫次第でいくらでも儲かる

オークションでは、ちょっとした工夫次第で結果がおおきく異なります。例えば、支払方法としての銀行口座を増やすだけで売れる確率があがります。また、独自の仕入れルートを確保すれば、安定した収入を期待できるでしょう。転売で儲かるためには、勉強したり、システム開発をする必要はなく、こういったこまかい積み重ねがポイントとなります。ですから、顧客にとって何が1番かを常に追求することができれば、いくらでも儲かることができると言えます。

④集客の利便性

ネットビジネスにとって、一番の悩みどころは集客をいかに行うかということです。他のネットビジネスではサイトやブログを立ち上げても、集客をしっかり行わない限り収益は発生しません。しかし転売の場合はオークションという常に顧客がいる媒体を利用するため、集客はある程度ラクにできます。そのため、その分の労力を儲かる商品探しなどに使うことができます。つまり転売では、商品探しと仕入れルートを見つける努力だけを集中しておこなえば、稼ぐことができるのです。

⑤利益額の幅が広い

転売は儲かる商品さえ見つけることができれば、おおきく稼げることができます。ネットビジネスのなかには、利益額が市場により決まってしまうものもあるため、稼ぎたくても稼げない場合があります。しかし転売であれば、儲かる商品から売れない商品までの利益幅が広いため、自分の力量次第で、おおきく稼ぐことができます。その利点をいかして、まずは自分の詳しいジャンルから挑戦してみることです。詳しいジャンルであれば、どの商品に価値があるかをカンタンに見極めることができるからです。

⑥商品の豊富さ

オークションを見ていただければわかるでしょうが、商品のジャンルは無限大にあります。そのため、儲かる商品は必ずあります。商品の数だけ儲かる余地はあるのですから、売れる商品を見つけることは、さほど大変ではありません。選べるジャンルが非常に限られてしまう他のネットビジネスでは、あとから参入する人は不利になってしまいますが、転売であれば、商品の豊富さから儲かるチャンスはいくらでもあります。その点で、非常に有利なビジネスと言えるでしょう。

いかかだったでしょうか?
転売で儲かる理由を6つ紹介しましたが、転売では安く仕入れ、高く売るという基本を守ることができれば誰でもかんたんに稼ぐことができます。しかも豊富な商品から儲かる商品をさがすことはそこまで大変ではなく、ちょっとした努力をするだけで儲けることができるようになります。ですから、試行錯誤をしながら自分だけの商品を見つけましょう。また、ネットビジネス初心者であってもすぐに始めることができるので、まずは何かを売ってみることをおすすめします。

誰でも確実に転売で成功できる方法はコチラ

誰でも確実にせどりで成功できる方法【せどりは儲からないは嘘】

せどりで儲からない人の特徴はシンプル

他の商売からしたらありえないような好条件が揃っているにも関わらず、なぜせどりで儲けられない人が出てくるのでしょうか? 「彼ら」は、普通に稼いでいる人と何が違うのでしょう?

マインドセットができていないから?

違う。マインドセット(笑)なんて情報商材屋が陳腐な商材を売るために使っている言葉に過ぎません。せどりで稼ぐのに全く必要ありません。

ライバルが増えすぎて飽和状態だから?

違います。最下層が増えているだけで、稼げている人の人口はほとんど変わりません。参入してくる数多の新ライバルたちは一瞬で消えていきます。

では、せどりで稼げない人は何がダメダメなのでしょう?
彼らの特徴は、概ねこの一言に集約できます。

とにかく楽(ラク)をしようとする。

これだけイージーなビジネスにも関わらず、彼らはまだラクをしようとします。
とにかくラクに金を稼ぎたい。なるべく考えず、なるべく動かず、なるべく金をかけず、なるべく失敗せず、クリック一つでお金が稼げればいいのに……。なんて本気で考えていたりします。

無料ツール片手にほとんど金も持たずに仕入れに行き、それで利益が出ないと「話と違う!稼げないじゃないか!」と憤る。こんな人が現実には大勢いるんです。どんな夢を見ていたんでしょうか。「1日たった30分の作業で月収100万円」といった情報商材を本気で信じてしまう人たちに多いですよね。

そういう人は、儲かるとか儲からないの話以前に、まずビジネスの土俵に立ててすらいない。
端的に言って、商売を舐めすぎ。

この一言に尽きるわけですが、ただ「ラクをしようとしすぎ」と指摘してもちょっと抽象度が高くて不親切なので、もう少し原因を細分化してみましょうか。

とにかく金をかけようとしない(投資をしない)

コレ、せどりに限らず稼げない人の最たる特徴です。
とにかく自分は一切金をかけずに、一丁前に儲けたがる人たち。

お金を生み出すためにお金を使う、という概念が一切ない。お金を投資してお金を稼ぐという投資思考を全く持っていません。

こういう人たちは、とにかく「無料」を求めます。
とくにツール選び。儲かっていない人ほど無料ツールしか使っていません。

なぜ優れた有料ツールを使わないのですか?

「だって……できるならお金をかけたくないんですよね」

それでいて儲けたいって……普通に考えてそんな都合の良い話あります? プロの料理人で百均の包丁使っている人見たことあります?

お金は一切かけたくない
でもめっちゃ儲けたい!
稼ぐための投資ができない人は、結局稼ぐこともできずに時間と労力を消耗するだけ、つまり商売自体に向いていないのでハナから辞めた方が良いです。

有料せどりツールといっても、たかだか月数千円。投資にしても安すぎ、リスクなさすぎです。

私が使っている有料ツールなんてたった1つしかありません。

誰でも確実にせどりで成功できる方法

かくいう私もせどりを始めたときは、検索ツールは無料の「せどりすと」、出品や価格改定は手動でやっていました。価格改定とか1日1回、数百個の商品を改定するのに何時間もかかってましたね……。

私はただ知らなかったのです。
プライスターなら30分に一回自動でやってくれるという事実。そしてその効率の良さを。

「知らない」ということは、それだけでどれだけ損をしているか。
有料ツールを使ってみたものの、無料の方が良いと判断したのなら何も言いません。しかし、有料ツールの凄さを知らないで(体感しないで)、「無料ツールの方がいい」と思っているのなら愚の骨頂です。