外注サイトでライティングでライターに高品質の記事を書いてもらうために僕が改善したこと

どうも。

ひろたんです。

現在まで自分は、クラウドワークスの人たちに、自身と同じ方針で作業をしてもらおうと考慮してました。

例文も準備し、具体的な前提も添えて、外注サイトで募集し、約20人ぐらいの方に作業をしてもらいました。

でも…出来上がってくる投稿はすべて「意志のない」作られたようなものばかり。

ライターさんの関心あるカテゴリーで進めてもらってるのにも関わらず、そこには自らの心境や意思が全く反映されてません。

たしかに資料通りに進めてもらってるんだけど…そのような如何にでもいい文章でもなく、キッチリと主観を盛り込んだ貴方だけのテキストが自分は望むのに!そんな訳でふと資料を見た時に気づきました。



だからNGだったんだと。

余りにも綿密に注文する事で反対に彼ら自分の持ち味を奪っていたのです。

クラウドワークスさんたちは、指示された通りに作業しないとお金を稼げません。

なんとか注文主のお願い通りに作業しないとって心境が強いです。

自身なりに着想した事が裏目にでて申し入れ主を困らせてしまうかも。

だから不必要な事はせず言われた通りにしよう。

これがクラウドワークスさんのメンタルです。

だから「資料通りに作業しないと!」という心境がみんな強いです。

その資料を作りこみすぎてしまうと、委託さんの視野を狭めてしまう事に繋がります。

そんな訳で、資料を一切作り直しました。

自らはこのように腹積もりてWebページ運営をしているだからこうして産業をしてくれ自身がやってきた作業中身を資料化したのではなく、自らが今までどんな感じで心積もりてテキスト更新をしてきたのかについて、自身のベース方針を伝えるようにしました。

すると、前回とは全く違った反応がありました。

「何とぞ貴方と産業をやりたいです!」「独特の長所観に感銘を受けました!」「どうぞコーポレートさせて下さい!」投稿の経験がないビギナーの方でも、情熱のこもったテキストを書いて頂くようになったり、実際に読者の想いに寄り添って書いてもらっているなぁと思うテキストを書いてもらえるようになりました。

僕が、味わってでユーザーと共に創出した心の内です。

資料によってここまで反応が異なる事に感銘でした。

彼らテキストを製作する人間のスキルが低いのではなく、うまく彼らを整理られない自らが無能だったのです。

最後にまとめると…「意志のない」な資料は委託さんの視野を狭め行動を制限してしまう元方針に共感してくれる人を雇うその結果、自身なりの元方針や基本方針を持っているクラウドワークスさんと商い可能な資料は最低限の情報だけにベストセレクトし、クラウドワークスさんの着想や意思を尊重する「マインド」に訴えかける資料は反応も良く、ライターさんの姿勢を変更しれる資料作りは奥が深いです。

でも根本はテキスト製造の心構えと同じです。

読者をどれだけ認知できているか。

「私は貴女の事を認知している」と読者に伝えられているか。

読者にどのような行動を起こしてくれか。

貴方のアフィリ活動のポイントになればうれしいです。

文章が書けない人のための超初心者にもできる文章の書き方

文章書くのって難しいですよね

僕も作文が昔から苦手で、テストの時とか1行も書けないこととかがありました。

他の人の文章を参考にしても自分とは考え方が違うから、何を書きたいのかわからなくなってしまったりします。

別に国語の能力が低いとかそういう問題でもなく本を読んでいるにも関わらず書くのは別問題なのです。

なので、今日はそういうった超初心者のために誰でも文章を書ける方法をまとめてみました。
これを参考にすればスラスラと書けるようになりますよ。

1 とにかく本を読みまくる

これは実際に僕が独さhとコンサルした結果、共通したことなのですが、文章が書けない人は普段から文章と接している時間が短いです。

これはすごくシンプルなことで、例えば、野球が苦手な人がプロ野球をテレビでいても面白くもなんともないですよね。

これと同じで自分が好きなことは意識しなくても知識とか覚えられるし、自然と身についていくものなんです。

そして書くときはなぜ自分がそう思ったのかその根拠を明確にすることで改善されてきます。

2 なぜ文章が苦手なのかまとめてみる

どんなに本を読んでも実際に文章を書かなければ成長はしないです。

「百聞は一見にしかず」ということわざがありますが、
「百読は一書にしかず」です。

とにかく書けないと考える前になんでもいいから書きまくって改善していくようにしましょう。

文章が苦手な人に多く見られる共通点は、

・本を読むのが苦手

・書き出しが書けない

・深く考え過ぎて手が動かない

こういう人が追いです。以外に真面目な人が苦手だったりするんですね。

「もう少し具体的に説明してくれよ」そんな意見ももっともなので、

下記に具体的な書き方をまとめてみました。

3 具体的な文章の書き方

・伝えたいことを決めよう

当たり前ですよね。これは一貫性の法則といって、人は最初から意見が通っている人のいうことを無意識に信用してしまうんです。なので、「なぜ自分はそう思ったか」「どうしてそういう結論に至ったか」これを意識してください。

シンプルイズザベストです。
この超基本的なことができていないと、いつまでたっても筆が進まなくなります。
例えば「命の尊さ」について語った時に、本当に自分に伝えたいことがないと、言葉の重みが伝わらないんです。

・情報を収集しよう

インプットとアウトプットをとにかく繰り返してください。

どんなに伝えたいことが明確でも確たる知識の裏付けと知識そのものがなければ
「説明」はできないです。とにかく調べて情報を取捨選択しながら文章のイメージを明確にしていってください。

・文章の構成を考えよう

ここまでくれば完成間近です。どの段階で何を書くのか、どういう風に説明すればわかりやすいか、起承転結が大事です。

「命の尊さ」の場合、自分はなぜそう思ったのか、どうしてそういう結論に至ったのか、なぜそれを言いたいのかこれが大事です。

導入、おん分、結論、これを意識してください。

ただ単位自分の意見を言うのではなく、例え話や、根拠、あるあるネタを盛り込むことでおおしろい文章が書けるようんいなります。

なぜ? という読者の考えを先回りして書くようにすればなおいいです。

・まとめ

いかかでしたか?「そんな急に言われたって書けねーよ」その意見ももっともです。
まずは、つ
まらなくてもいいからとにかく書く、コピーでもいいからそれを改善していく。僕はこれを意識したので、読者からの支持を得ることができるようになりました。

ライティングはコミュニケーション力と並ぶ最強のスキルです。皆さんも身に着けちゃいましょう!