ひろたんです。

『自分の無料ブログサービス何が駄目だと考えますか?』という言語を本年はよく言われました。

結局、書いても書いても売れないという事に頭を悩ませている人は非常に多々あるみたいです。

特にこういった人からの話し合いが増大してます。

アクセスはそこそこにあるけど売れないコピーライティングを勉強しでみたけど売れない夏場に出会ったとある人はまさしくその典型でした。

そのその頃、彼は歴3ヶ月ぐらいだったのですがコツコツと書き溜めた無料ブログサービスのアクセスは1日に100以上と安定していました。

3ヶ月で1日100人……凄いですね。

いつもは営業の業務してたみたいなんですが業務で疲れてクタクタになって帰ってきても眠い目をこすりながら頑張ってきたのでしょう。

『努力居宅』って感じですね。

彼の今までの歩みも聞かせてもらったのですがこれがなお壮絶な一生です。

彼の就職が決まった直後に母親が若年性認知症になってしまい定期的暮らしのケアが必須になったそうです。

テレビや映画の中の出来事と思ってた事がいざ、ある日突然自らの身に降りかかる。

きっと頭が真っ白になってボーゼンとしてしまった事でしょう。

あんなに優しかった母親が実の息子である自らをたとえて言えば不審者を見るような鋭い眼つきで見ている。

それがショックで涙が止まらなかったそうです。

一応、兄が業務をやめて介抱に付き普段のお世話や病院への送り迎えをしてくれていますが彼本人もちょっとでも家庭を助けたいとの考えからオンライン商いの世の中に飛び込んだそうです。

私自分、満喫してでクライアントと共に創出した想いです。

確か認知症って発症してしまうと寿命は10年ぐらいと言われますからね。

自身の事を認知してもらえなくなってもちょっとでもずーっと一緒に過ごしたいと思ったのでしょう。

彼が3ヶ月で100テキスト以上も書き即行で多くのアクセスを集められたのも得心です。

『とっとと法人をやめて、二度と戻らない!』その決心と心意気がビシビシと伝わってきます。

無論彼は知識を得るためにお金を使用する事も積極的に行いました。

ブログデザインを有料で麗しいに施すのは無論コピーライティングの書籍なども買い漁って習得しでました。

………が、けれどもそこまで積極的に頑張ってるにも関わらず彼がいまだに企業を辞めれずにいたのは肝心の無料ブログサービスからの収入が0円だからです。

読者は結構いるんだけどそこからモノが売れる気配がサッパリだったのです。

それどころかメルマガの登録も増大しない。

気合を入れてアイテムの解説文章を書いても誰もリンクをクリックしてくれない。

「コピーライティングを習得しだのになぜ??」彼が感じていたトップの質問はそれです。

それで彼は自らのコピーの書き方が悪いと思って私に「何が駄目ですか?」と話し合いしてきたのです。

加えて、彼の無料ブログサービスを見せてもらったのですが…なぜ彼の無料ブログサービスからアイテムが売れないのかその訳を自分は一瞬で汲み取るする事ができました。

「おもしろくない」残酷ですがこの一言で解説できてしまいました。

なぜ彼の無料ブログサービスに反対に読者がスルーを決め込んでしまうのか?その要因は彼が記述する記事を1行、2行と呼んでみても何も心を動かされる事がないからです。

まぁただし、前の文章でも書いたように昔の私がそのような感じだったからこそ感じ取れたのかもしれません^^;私的時をフラフラになるまで確保可能な業務彼がコピーライティングを充分にと習得しだという事は彼のテキストを読んでいればよく理解いただけます。

コピーライティングの書き方としてはちゃんと教科書通りに書けていました。

…が、それによりつまらない投稿になっていたのです。

コピーライティングというのはそもそもアフィリエイトと親和性がよろしくないのです。

元々チラシや広告で使用するような売り込みのための記事を記述するスキルですからね。

それを駆使して無料ブログサービスを作ったら如何になるでしょう?コピーライティングばかりを使って1日1通メールが送られてきたら如何に思うでしょうか?定期的、目をギラギラさせたセールスマンが居宅のチャイムをピンポン!ピンポン!と鳴らして営業トークしにくるようなものです。

まぁ……ウザッたいですよね^^;コピーライティングってのは使えば使用するほど心情が悪くて誰も寄り付かない無料ブログサービスになります。

その上コピーライティングというのは客と販売スタッフが交わすトークのようなもので元1回限りの付き合い前提のテクニックです。

でもアフィリエイターと読者の係りってそのようなものではないのですよね。

1回限りで「はい、さよなら」ではなくて継続的な付き合いになる事が全くなはずです。

それなのに1度限りの付き合い前提でセールスマンのようなノリでトークをすれば読者は離れていく一方になります。

アフィリエイトをやっていてセールスの為の記事を記述する事なんて稀です。

全ての10%もないかもしれません。

コピーライティングはその10%のテキストでは役立ちますがそれ以外90%のいつもの投稿には不適切なのです。

コピーライティングを学ぶのが駄目とは言わないしむしろ必ずに学習しどいたほうがいいんだけどコピーライティングを学ぶという事といつもの文章で読者の心を掴むという事は同じではないというわけですね。

コピーライティングを習得しだところでアフィリエイトの記事は上達しません。

アフィリエイトに不可欠なテキスト術ってのは一段と一段と別モノです。

ただ、彼も「如何にしよう」と焦っていたのでしょう。

彼は自分にこのような事を言いました。

『投稿数を一段と増やしたり Webページを増やしたりしてみようと思ってます』私は即行で彼に反対に「早まるなっっ!!!」という事を伝えました。

理由を言えば反応が無い記事はどんだけ増やしてみたところで帰するところ反応なんか得られないからです。

それでは穴の空いたバケツに水を注ぎ続けるようなものです。

書いても書いても明日も明後日も何も移り変わりがない…。

というおそれの螺旋に突入してしまいます。

彼の問題をさらに根本から充分に解消が可能な技術は別にあります。

つまらないからスルーされるのであれば反対に面白いテキストを書けばいいのです。

読者が彼の記事にそれに対し食い入るように夢中になり彼の無料ブログサービスの投稿を定期的ソワソワと待ってしまうような心理状況にすれば記事に反対に反応が無いなんて事は真っ先に有り得ません。

彼が一言「お勧めだよ」と言えば怒涛のようにクリックの数字が上がり我先にとそのアイテムに群がるようにアイテムが売れるようになるでしょう。

1日3〜4本も売れれば月収100万円には到達できますしそうなれば彼の通帳には月次7桁を超えるお金が振り込まれる事になります。

もちろん、彼は現在の業務を辞められるし世帯の傍で残された時を暮らせるようになります。

他にも彼は気づいていないだけでそのような記事を記述する技術を持ってます。

彼がメールで私に話してくれた身の上話です。

彼が自由を目指した経緯をメールで読んだ時正直言って自分はウルッと目頭が熱くなりました。

声援やりたい想いにもなりました。

彼の腹積もりを一段と知りたいとも考えました。

こんなに人を感動させられるんだからかくの如き文章をさらにさらに増やせば自分のように彼に共感するファンも増大します。

アフィリエイトってのは面白いものでテキストの書き方変更したり、無料ブログサービスを変更したりそのような事で急激に収入が伸びたりします。

先月0円だったとしても翌月が20万円なんて事もよくあります。

充分にと読者の心を掴めればそこからお金が生まれるのは必然です。



無論読者の心を把握出来なければどれだけ書いてもスルーされてしまうのですが^^;もしも貴方ががこの先、彼のように「自身の無料ブログサービスは何が駄目なんだろう?」と質問に思う事があったならそこに心を揺さぶる何かがあるかという点を参考にしてみてください^^例を挙げると彼が私に送ったメールのように見た人が一発でファンになってしまうような強烈な投稿があるのか否か、です。

もしもまだ、そうしたテキストが1つもないのであれば是非とも書いてみてくださいね。

今だけ19800円相当の書籍が無料で読めます。

僕は大学生の頃から月収で50万ほど稼いでます。

才能があったわけでも、環境に恵まれたわけでもないです。

もともと家庭は極貧だったし、
バイトでは仕事ができない人間で有名でした。

そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。

そういった理念から、僕がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのメルマガにまとめてみました。

⇒「自由を手に入れるための教科書」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

このエントリーをはてなブックマークに追加