ベーシックインカムを自分で作る方法【メリットとかデメリットを考える前に】

ネットビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は 2 分3 秒 で読めます。

ベーシックインカムという言葉を最近よくテレビとかニュースで聞きますよね。

そもそもあれって何かというと、これからAI(人工知能)がどんどん進化していって、人間の仕事を奪うとされているので、その時に国民全員にお金を定期的に配ろうというシステムのことです。

ベーシックインカム(BI)がいつから実現されるのかは諸説あり、そもそも本当にそんな時代がやってくるのか疑問視する声もあります。

なので、今回は僕が実際に行っているセルフベーシックインカムを得る方法を解説しちゃおうと思います。

いつか来るとか、早く来ないかなーとか待つよりも実際に自分で行うことの方が確実だし、成長できますからね。



自分でベーシックインカムを構築するシンプルな方法

つまりは不労所得を自分で作るということですね。

結論から言うと、ネットビジネスです。PC1台あればどこでも自由な時間に更新できて、

収入を得ることができるので、まさにベーシックインカムそのものとうことができます。

1. PC1台あれば働く必要がない

2.AIの時代におびえなくて済む

3.いつでも会いたいときに会いたい人に会える

こういう未来が手に入ります。

具体的に話しを掘り下げてみます。

ストック型ビジネスとベーシックインカム

つまり、ストック型ビジネスなんです。

現在の日本のインターネット人口は4000万人といわれています。

つまり、ネットビジネスを始めれば、1国の人間の半数を相手に商売ができるのです。

ストック型というのがどういう意味なのかというと、

コンテンツ型のサイトを作って、自分だけのものを売るというやり方のことです。

ここでは、情報を売るということにしておきましょう。

自分の体験を読者に伝えて、共感してもらい、支持を得ることで、

自然と独自コンテンツが売れていくようになります。

仮に飲食店の場合だと、利益率が売り上げの3割程度といわれていますが、

自分の独自コンテンツは元が情報なので、

実質原価0円でモノを売ることができます。

「そんなこと言われても、独自コンテンツなんて作れないですよ・・・」

そう考えるのももっともです。

僕自身、最初の頃は、”1部の才能ある人とか、コネクションがなきゃうまくいくわけないじゃん。”

そう思っていました。

ですが、実施兄やってみると思っていた以上に簡単で、

半年でサラリーマンの2倍のベーシックインカムを作ることに成功しました(笑)

⇒僕のこれまでの道のりを見ていただければ分かります

自分だけの何かって必ずしも誰でも持っているもので、

例えば、絵が上手だとか、ピアノが弾けるとか、

もっと小さく言えば、

人より本を読んだことがある、普段からネットサーフィンをしている、掲示板をよく見ている

それだって他の人よりも優れているあなただけの個性なわけです。



ベーシックインカムの先にあるもの

ですが、自由な金と時間を手に入れた後は、意外と人生ってつまらなくなります。

例えば、

小学生の時の夏休みも最初は楽しいけど、だんだんと何もすることがなくなって、
“あー、そろそろ学校始まらないかな”とか考えたことって1度はありますよね。
(もちろん、世の中にはいろいろな人がいるので、一生夏休みが続けばいいのにと思っている人もいるのかもしれませんが)

それと同じで、人生はチャレンジすることと同義だと、僕は思うんです。

前置きが長くなりましたが、まずは、

ベーシックインカムを自分で作ることからチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

ブログを運営している人

小説と映画を愛する26歳。
学生時代は、いじめ、不登校と地獄のような日々を過ごす。
大学進学のために、1年間スーパーでこき使われるバイトの日々。
大学進学後、自由を手に入れたいという理由から、
ネットビジネスの世界に人脈も知識もない状態で挑戦。
PC1台で4年で1000万円稼ぐことに成功。
自由になるためのメルマガを無料で配信中。
現在は、働く必要がなくなり、自由な生活を満喫中。
日本中を旅行したり、小説を書いたり、
時間とお金に縛られない自由な生活を送っている。
⇒白玉ひろたんの無料プレゼントはこちら

ブログでは書ききれない【本当の話】を配信中!

↓↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓↓

白玉ひろたんへの問い合わせはこちら

内容には必ず目を通しています^^ ⇒ 問い合わせはこちらからどうぞ